Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.49 AFLOATグループ 代表 宮村 浩気さん

ヘアサロン領域

2014.11.28

現在直営4店舗、FC店舗が国内外に16店舗。2015年には新宿店の出店も控えるAFLOAT。名実ともに日本のビューティシーンのトップを走り続ける代表の宮村さんに、「アフロートブランド」の強さの核について伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

宮村 浩気(みやむら ひろき)

2000年4月サロン「AFLOAT」を青山に設立以来『女性を必ずキレイにする』をモットーに女心をくすぐるスタイルを常に提案するヘアデザイナー。
現在は、直営4店舗とFC16店舗を運営。その他にも、CM・テレビ・ポスター等の撮影現場でもモデルやタレントのヘアメイクを多数てがけ、数多くのタレント・モデルからの信頼度が高い。
AFLOAT webサイト → http://www.afloat.co.jp/

vol49_main_6364

|第2章|任せるからこそ「自分の店」と思える

宮村 実は、こんな冊子を作って、アフロートのお客さまはもちろん、FCサロンにも配っています。今、本部はこんなことを考えていますよ、という意思表示ですね。

vol49_page2_6218

野嶋 拝見します。今までのイメージに比べて、とてもカジュアルですね。

宮村 そうなんです。といっても、これは僕発信じゃなくて、スタッフ発信です。「最近、時代の流れが変わってきているよね。何か変えていかなきゃいけないよね」と僕が投げかけると、みんなが考える。みんなが話し合って、撮影をして、自分たちでレイアウトして、そしてできたのが、この冊子です。僕は仕上がるまで一度も見ていなかったですね。

野嶋 そうなんですか? 普通は口出ししたくなりますよね。

宮村 ここはみんなの店なので、何をするのにでも、みんなに作っていってほしいんですよね。僕は、スタッフがやりたいということにはNOと言いません。

野嶋 それは、スタッフの中にアフロートDNAのようなものがあって、それを信頼されているからですか?

宮村 そうですね。もちろん全部が全部、良いものになるとは限りません。時には大きく外れていると感じるときもあります。でも、信頼しているからこそ、みんながやりたいと言ったことには、口は一切出しません。今、新宿店の内装などを相談していますが、僕は全くタッチしていないんです。

野嶋 それは、勇気がいりますね。

宮村 みんな頑張って夜遅くまでミーティングしているのに、僕がぽろっと何か口出しすると、議論が元に戻っちゃうから。

野嶋 口出ししないと、方向性がバラバラになってしまうのではという不安はありませんか?

宮村 それはありません。それよりも、お店を一つ作ることの隅から隅までを経験してほしいんです。「期待しているから思いどおりにやってみなよ」と言うと、相手も信用してもらっていると思って頑張ります。
とても大変なことですが、それを経験することでスタッフも成長しますし、何より「自分のお店」という想いが強くなるんです。経営者の目線で考えることができるようになるんですよね。

野嶋 任せきることのネガティブ面よりもポジティブ面を見ていらっしゃるんですね。そこで生じる「ズレ」はどのように調整されているんですか?

宮村 そこで生まれる考え方や意見の違いは、僕は「ズレ」とは考えずに「シナジー」だと捉えています。
なんでもかんでも、自分一人の力でやろうとすると絶対に失敗すると僕は思っているんですよね。
いろんなスタッフがいて、僕が持っていないアイデアを彼らが出してくれる。それを僕が受け入れることで、新しいシナジーが生まれる。そう考えています。

もちろん、過去には任せて失敗することも多々ありました。でも、その時々は失敗かもしれないと思うんですが、最終的にはそれも彼らの経験になり成長につながっているんですよね。
だから、長い目で見たら「失敗」ということはないのかもしれないと思います。
最近ちょっと感動したことがあるんです。実はうちの内定式では幹部が一言ずつ挨拶するんですが、最近ではその内定式で、僕が言おうと思っていることを、幹部がみんな先に言っちゃうんです。これは結構すごいな、と思いました。

野嶋 いろんな判断を任されているからこそ、そのように宮村さんと同じ視点で考えられる幹部が育つのでしょうね。

vol49_page2_6332

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。