Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.49 AFLOATグループ 代表 宮村 浩気さん

ヘアサロン領域

2014.11.28

現在直営4店舗、FC店舗が国内外に16店舗。2015年には新宿店の出店も控えるAFLOAT。名実ともに日本のビューティシーンのトップを走り続ける代表の宮村さんに、「アフロートブランド」の強さの核について伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

宮村 浩気(みやむら ひろき)

2000年4月サロン「AFLOAT」を青山に設立以来『女性を必ずキレイにする』をモットーに女心をくすぐるスタイルを常に提案するヘアデザイナー。
現在は、直営4店舗とFC16店舗を運営。その他にも、CM・テレビ・ポスター等の撮影現場でもモデルやタレントのヘアメイクを多数てがけ、数多くのタレント・モデルからの信頼度が高い。
AFLOAT webサイト → http://www.afloat.co.jp/

vol49_main_6364

|第4章|組織戦で闘えるサロンに

vol49_page4_6235

野嶋 FC展開や商品開発、新しい形態のサロンオープンなど、最近アフロートさんは積極的な動きが多いように感じます。

宮村 2年に1度は新しい何かをスタートしたいと思っているんです。常に前に前に進んで、ビジョンを見せていきたいんですよね。最近はよくスタッフに「美容界のEXILEを作ろう」と言っているんです(笑)。

野嶋 EXILEですか?

宮村 はい、突然ひらめいたんです(笑)。EXILEって、最初は6人だったんですよね。それが今ではかなりの人数になっています。そのメインメンバーの世界観をスタイリストたちで作ろうと。
そして、スクールを作って、人を育てる。そうすれば40歳を超えたスタッフがスクールで教えることができますよね。そう考えていくと、先ほどお見せした冊子が『月間EXILE』になるのかな(笑)。

野嶋 そう置き換えてみると、とてもわかりやすくビジョンが見えてきますね。ベテランスタッフの方の離職が少ないのも、みなさんがそのビジョンに向かっているからでしょうか。

宮村 そうかもしれません。アフロートも、オープニングのころに集まったメンバーは野心家が多かった。だから、独立していったスタッフもたくさんいます。でも、そういうタイプの人たちが抜けた後に、今、残っているスタッフは全員で世界を目指すというビジョンが共有できているメンバーなんです。
すごく大きな夢ですし、まだまだ道は続きます。自分一人では絶対にできないことですよね。でも、みんなが一緒だったらできるかもしれないと思うんです。

野嶋 世界を目指すというのは、アフロートの直営店だけではなく、FCサロンも含めてのビジョンなんですね。

宮村 そのとおりです。世界に向けて発信していくというときは、青山や銀座にサロンがあるだけじゃなくて、全国のFCのサロンと一緒に進んでいることにも大きな意味があります。
FCサロンは、どこもうちより大きなサロンばかりですし、組織としてとてもしっかりしています。みんなで一緒に海外に教えにいこうということもできますし、相互にいい影響を与えることができています。技術やデザインはアフロートからレッスンにいっていますが、経営やスタッフ教育に関しては僕が学ぶことが多いです。

野嶋 お互いにいい影響力を与え合っているからこそ、世界を目指すというビジョンにともに向かえるんでしょうね。

宮村 まだまだ途中ですが、世界的なブランドを目指すという気持ちは共有できていますし、今いるスタッフは、全員がそこに向かっていると言えます。
僕は、日本の青山の技術とケミカルは世界最高峰だと思っています。それを武器に、仲間とともに、世界で勝負できるブランドに育てていきたいと思っています。

野嶋 今日お話を聞いていて、宮村さんのお話のされ方がすごく自然体だということが印象的でした。きっと、スタッフさんが成長されサロンが一度安定して、いま再びチャレンジと投資の時期なんでしょうね。

宮村 はい。ひょっとしたら、安定を壊すこともあるかもしれないですね。今年と来年は新しいブランドを生み出す年になると思います。

野嶋 楽しみにしております。今日はありがとうございました。

(写真/中野愛子 文/佐藤友美)

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。