Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.49 AFLOATグループ 代表 宮村 浩気さん

ヘアサロン領域

2014.11.28

現在直営4店舗、FC店舗が国内外に16店舗。2015年には新宿店の出店も控えるAFLOAT。名実ともに日本のビューティシーンのトップを走り続ける代表の宮村さんに、「アフロートブランド」の強さの核について伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

宮村 浩気(みやむら ひろき)

2000年4月サロン「AFLOAT」を青山に設立以来『女性を必ずキレイにする』をモットーに女心をくすぐるスタイルを常に提案するヘアデザイナー。
現在は、直営4店舗とFC16店舗を運営。その他にも、CM・テレビ・ポスター等の撮影現場でもモデルやタレントのヘアメイクを多数てがけ、数多くのタレント・モデルからの信頼度が高い。
AFLOAT webサイト → http://www.afloat.co.jp/

vol49_main_6364

|第1章|ブランドに必要なのは「ジンクス」

野嶋 今日は、アフロートさんのブランドやマーケティングについて聞かせてください。宮村さんは、ブランドについてどのように考えていらっしゃいますか? 外から見ると、アフロートさんには、とても一貫したイメージがあるように感じるのですが。

宮村 お店をオープンさせたのが14年前。店を立ち上げるにあたって、アフロートというブランドを一般の人たちに知ってもらいたいというのは、ずっと変わらない想いです。美容師の間で有名になるのではなく、一般の人たちの間で認知してもらえるサロンになりたいと思い続けてきました。

そのためにも、最初はどのような立ち位置を目指せばいいのかということを、ファッションブランドを参考にイメージしました。
オープン当時、僕たちが目指すのはエルメスではない。どちらかというと、ルイ・ヴィトンやグッチのような位置に立ちたいと考えたんです。エルメスだと高級すぎるけれど、ヴィトンやグッチは頑張れば手が届く。そんなイメージを持ってブランディングを進めました。

野嶋 無理すれば手が届くブランド。なるほど、イメージしやすいです。そういう位置づけを最初にされたんですね。

宮村 次に、何かジンクスが作れないかなと思いました。例えば、アフロートで切ったら帰りに必ず声をかけられるとか、ナンパされるとか。就職活動の前にアフロートで髪を切ると合格するとか。そういうジンクスが作れるようなサロンにしたいと思ったんです。

野嶋 なるほど。ブランドには、そのような物語が重要ですよね。

宮村 そうです。あちこちで、いろんなジンクスが語られるようになって、それが積み重なっていく。アフロートで切ったという高揚感が1か月続くような、そんなブランドを目指しました。そのためには、外見だけじゃなくて、内面にも影響を与えないといけないんです。
アフロートに行くとハッピーな気持ちになれる。そう思ってもらえるブランドを目指しました。

野嶋 ブランドの立ち上がりのころから、そのわくわく、うきうきする感じを大事にされているんですね。

宮村 ただ、ずっと同じイメージだと飽きられてしまうと思うんです。そこは時代を見ながら、意識的にブランドイメージの幅を広げてきました。

vol49_page1_6246

野嶋 といいますと?

宮村 最初は「モテ髪と言ったらアフロート」というイメージで発信をしてきました。
アフロートがオープンしたころは、ヘアサロンの聖地といえば「青山・原宿」という言われ方をしていたんです。でも、今は「原宿・青山」と言われます。青山よりも原宿が先にくるようになったのは、時代の流れがいわゆる「青文字系」と言われるカジュアルな女性像にシフトしてきているからだと思います。

アフロートはもともと赤文字系のフェミニンなところからスタートしていますが、オープンから14年たった今の時代、フェミニン一辺倒ではスタッフもお客さまも飽きてしまう。サロンには大人の方もいらっしゃるし、今どきのデザインも作っていきたい。時には「アフロートっぽくないもの」を出していくことも重要だと思っています。

野嶋 積み上げてきた「アフロートらしさ」をあえて壊していく、と。

宮村 飽きることから始まって、そこから進化が生まれると考えています。アフロートの土台はフェミニンだけれど、そこに何かを加えていくことで、時代に合った進化ができると考えています。

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。