Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.45 株式会社TICK-TOCK 代表取締役 牛尾 早百合さん

ヘアサロン領域

2014.10.08

20代で独立し、現在神戸と大阪に6店舗を構えるTICK TOCKの代表、SAYURIさん。
近年では、オリジナルのステップボーンカットが、特許を取得。
短い時間で施術でき、カット料金のアップにも寄与するこの技術が、全国の美容師から注目を集めています。
アーティスティックな作品も次々と発表しながらも、経営者としても敏腕をふるう、SAYURIさんの脳内に迫りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

牛尾 早百合(うしお さゆり)

世界を旅する直感型クリエイター/空想的夢想家/未来志向デザイン実践家/Hair dresser/Hair Make-Up Artist/Photographer/特許技術ステップボーンカット考案者/LFCA日本小顔補正立体カット協会理事
世界中の街角でモデルを発掘し、衣装調達ヘアメイクから撮影まで全てを自ら行う独自のスタイルで作品を創作。ART PHOTO BOOK 「For Japanese Hairdressers〜日本の美容師たちへ」は世界6カ国13都市で発売。経営もクリエイションととらえ、未来に立って思考しデザインし続ける姿は、美容師のみならず、様々な分野の経営者や多くの働く女性達に勇気と希望を与え続けている。 TICK TOCK webサイト → http://www.tick-tock.co.jp

★vol44IMG_6923

|第4章|100万円売り上げる新人を生み出す教育

野嶋 新人の育成面でも、シンプルな技術だと、デビューまでの時間が短くなるなど、メリットが大きそうですね。

SAYURI そのとおりです。先ほども言ったように、ブロッキングも1種類。切る順番も全て同じ。シンプルで、とても分かりやすいカットです。ボリュームを出すところ、凹ませるところ、フラットにするところ。これで、その人の骨格補正ができるんです。

野嶋 SAYURIさんは曖昧なものをパターン化して落とし込むことにすごく長けてらっしゃるんでしょうね。

SAYURI 美容師は毎晩遅くまで自主トレをして、教える先輩も大変です。技術修得に両者、時間と手間がかかりすぎます。私自身も、教えるために,毎日営業後のトレーニングにつきあうのが嫌だったのです(笑)。

野嶋 だからこその合理化だったんですね。

SAYURI うちのカリキュラムは全部ビデオです。ビデオにすることで、先輩がトレーニングに付き合わなくてもいいし、しかも、教える人によってのバラつきも出ません。Google Appsで作っていて、Googleドキュメントで進行管理をして全員で共有しています。

★vol44IMG_7183

野嶋 徹底されていますね。いつぐらいからですか。

SAYURI 4年くらい前からでしょうか?うちは、デビュー月に100万円売り上げたり、アシスタントの間に100万円売り上げたりする子、いますね。先月も入社2年3ヶ月のアシスタントの女の子が103万円売り上げました。指名数203人ですね。

野嶋 アシスタントで売り上げるってどういうことですか?

SAYURI アシスタントカリキュラムが終わりかける頃(スタイリストデビュー前)には、カットはもちろん、充分全ての技術ができます。入社時からの、モニターさんや、紹介等を指名客にした担当指名売上です。基本ほとんど、一人で施術担当します。

野嶋 それで100万超えって、本当にすごい数字ですね。

SAYURI この子だけじゃないですね。2年間で9人出ています。アシスタントのうちに達成したのが4人。デビュー月で2人。デビュー3ヶ月以内で3人。やはり、100万円やった子たちは、頑張ればなんでもできるという感覚を身につけられますよね。

野嶋 どうしてそういうことが可能になるんでしょうか。

SAYURI ステップボーンカットの教育システムと、技術です。カットがわかりやすい、ノンブローで手入れしやすい、傷まない、彼らは自信を持ちます。そして、カット技術の揺るぎない芯があると、全ての技術や、その他の教育に通じ矛盾が最大限に減少し、最高のモチベーションと環境を準備できます。
もちろん、入社時から、徐々にサポート客を集めてゆきます。さらに重要なのは 上司や、スタッフとの信頼関係と、メンタル面のサポートです。 それを成功させるノウハウをもっているのは、ステップボーンカット本部講師の一人の竹内副社長です

野嶋 具体的にはどんなことをされるんですか? 

SAYURI 心を触るんですよね。

野嶋 心を触る?

SAYURI 真実の自分の事をわかってくれ、期待してくれる上司には、それ以上の期待に応えることが、恩返しになるそうです。また、いつも頑張ってくれる部下にお手本を見せたいと思ってくれています。
そして自分に挑戦するために、全員にコミットメントをし、心を裸にして思いっきり挑戦します。

野嶋 Google Appsを使ったかと思えば、昔ながらの発信もされる。そのバランスが絶妙ですね。
1 2 3 4 5

関連記事

関連記事はありません。