Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.46  UMiTOS 代表 砂原 由弥さん

ヘアサロン領域

2014.10.20

都内有名サロンでの勤務を経て、千葉の房総半島に「海と砂原美容室」をオープン。
当時、業界誌、ファッション誌、映画、CM……と撮影に引っ張りだこだった砂原さんが、千葉にお店を構えたという話は、美容業界に大きなインパクトを与えました。
それから6年。現在は、千葉と青山の「UMiTOS」の2店舗を経営しています。
今までの美容業界での育成方法とは一線を画すスタッフ教育と、相変わらずの斬新なデザインで、再び注目を集めている砂原さん。今回は、その経営について、お話を聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

砂原 由弥(すなはら よしみ)

美容師歴22年。都内有名美容室で働き、数多くの芸能人、アーティストを顧客に持つ。出産をきっかけにヘアメイクの仕事もしつつ、千葉の南房総でのサロン経営をスタート。 顧客たちに請われ、2011年、青山にもサロンをオープン。 UMiTOS webサイト → http://www.umitos.com/

vol46_Main_7891

|第2章|限りなくゼロに近い離職率の理由

vol46_board

野嶋 砂原さんと言えば、日本を代表するサロンで、トップランナーとして走ってらっしゃった方ですが、その時代に疑問に感じたことが、今の経営に生かされているんですね。

砂原 そうですね。どっと入っては、どっと辞めていく。そういう構造をどうにか変えられないかと思っていました。美容業で、どうすれば離職率の低さを実現できるのかということを、経営の最初から考えていましたね。

野嶋 そのひとつが、食育だったわけですね。8年間で、正式にお辞めになったのはお1人だとか。

砂原 1人ですね。

野嶋 すごいですね。たった1人ですか。

砂原 そこはやはり、家族だよね、仲間だよねというような上辺だけの言葉ではなくて、本当にお金と時間をかけています。毎日長い時間一緒にいることが「家族」だとか「仲間」だとか言うのとは違うと思うんですよね。

美容業界で育ててもらった私なので、今は、若い世代に時間もお金も、ひたすら還元をするときだと思っているんです。そのお金も、お客さまとの関係の中で生まれた手厚いお金です。その愛情の形をしっかり見せてあげているからではないかと思います。

だから、食育や農業研修だけではなく、異業種研修で一流のサービスを体感させたり、報酬としてのボーナスを支給することはもちろん、若手では手がでないファッションブランドの洋服をプレゼントするといったボーナスも与えています。そういう形で、スタッフに還元をし、人材育成をしています。

野嶋 砂原さんが独立されたのは……。

砂原 出産後ですね。以前いたサロンを辞めた後、最初は千葉の南房総を拠点にして、フリーランスとして働いていたんです。出産後は主に東京で俳優さんたちの撮影現場のヘアメイクをしていました。
母親と夫は南房総でサロンをやっていたんですが、私はそこの事務をしながら、3年くらいはフリーのヘアメイクとして働いていましたね。
でも、噂を聞いて千葉まできてくださるお客さまがどんどん来てしまって、やはりサロンワークをする場所が必要だということで、お店を作ることになったんです。

はからずも独立することになったわけですが、ネットで私の存在を探し出して東京から2時間かけて通ってくださるお客さまや、俳優の方々を目の当たりにして、「大事なのは、お金じゃない。人と人とのつながりだ」と確信できたことは、とても良かったことでした。

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。