Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.46  UMiTOS 代表 砂原 由弥さん

ヘアサロン領域

2014.10.20

都内有名サロンでの勤務を経て、千葉の房総半島に「海と砂原美容室」をオープン。
当時、業界誌、ファッション誌、映画、CM……と撮影に引っ張りだこだった砂原さんが、千葉にお店を構えたという話は、美容業界に大きなインパクトを与えました。
それから6年。現在は、千葉と青山の「UMiTOS」の2店舗を経営しています。
今までの美容業界での育成方法とは一線を画すスタッフ教育と、相変わらずの斬新なデザインで、再び注目を集めている砂原さん。今回は、その経営について、お話を聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

砂原 由弥(すなはら よしみ)

美容師歴22年。都内有名美容室で働き、数多くの芸能人、アーティストを顧客に持つ。出産をきっかけにヘアメイクの仕事もしつつ、千葉の南房総でのサロン経営をスタート。 顧客たちに請われ、2011年、青山にもサロンをオープン。 UMiTOS webサイト → http://www.umitos.com/

vol46_Main_7891

|第3章|先輩と母から教わった探究心

野嶋 砂原さんとお話ししていると、とても一貫した強い意志をもってサロンを経営されているのがわかるのですが、その軸が揺るがない芯の部分は、どういう経験から生まれているのでしょうか。

砂原 どこでしょうね。多分、若い頃から、ずっとタレントさんや俳優さんのヘアメイクをして、いろんな経験をさせていただいているからじゃないでしょうか。
例えば映画の現場などでは、そうそうたる大御所のカメラマンさんや、スタイリストさんたちとご一緒させていただいて、私が一番ひよっ子という現場ばかりだったんですよね。

20代が華を持っている世界ではなくて、40歳、50歳になっても活躍する本当の実力者だけが残れる世界です。そういう大御所たちに、ひたすら食いついていってお勉強をさせていただきました。そこでは、お金ではなく、信頼関係で人はつながるのだし、ひとつの専門職を極める厳しさや素晴らしさを、身をもって体験させていただいたことが大きかったと思います。

野嶋 今も、俳優さんたちのヘアメイクの仕事をされているんですよね。

砂原 そうですね。

野嶋 ヘアメイクの仕事の醍醐味はどんなところですか?

砂原 これは、サロンワークにも通じる部分なのですが、私が決めたヘアで芸能界にデビューした方々が次々有名になったり、欲しかった役をとれたりするのが嬉しいですね。
役作りをヘアデザインでリードしていくこともあります。そういうときは、一人の美容師としてというだけではなく、プロデューサー的な仕事もできているということを感じます。そして、その関係性は、実は俳優さんたちだけではなく、お客さまであっても変わらないことだと思っています。

野嶋 今はどのようなスケジュールで働いていらっしゃるんですか?

砂原 基本的に青山のUMiTOSを拠点として、ヘアメイクの仕事をする日も、サロンに出る日もありますし、両方する日もあります。子どもがいるので、夜はできるだけ房総の家に帰っています。土日は子どもをこちらに呼び寄せて、空いた時間や夜は一緒にこちらで過ごすことが多いですね。

野嶋 移動だけでも片道2時間はかかりますよね。非常にタフですよね。

砂原 うーん、そうでしょうか。私自身は、美容師である母の背中を見て育ったので、仕事とはそういうものだと思っているところがあるかもしれません。

野嶋 どんな親御さんだったのですか?

砂原 姉と私の2人を育てながら、祖父の自宅介護もして、もちろん家族全員の料理を作って、お弁当も持たせて、その上サロンを切り盛りしていました。1分間にする仕事のさばき具合が半端なく速かった記憶がありますね。私が言うのもなんですが、結構な売り上げをあげていましたし、スキルも高いと思います。そんな忙しい毎日でも綺麗にしていましたし、今見ても、可愛らしいんですよ。
着付けも本格的に学んでいたのですが、当時3歳だった私を練習台にして、柱に抱きつかせて、そこに帯をぐるぐる巻きにして、帯の研究をずっとしていた母親の記憶がありますね。

野嶋 それはまさにスーパーウーマンですね。

砂原 そうですね。そして、スーパーオタクです。だから、私も、専門職につくというのは、そういう追求心が必要なのだと、自然と思っていたのでしょうね。

辞めてしまう人たちには、「本当はどうしたかったの? いい美容師を目指してみたけれど、大変ですからもういいや、ぐらいで終わっていいの?」と、ついつい問いかけてしまいますね。結局、「自分でどれだけ決めてきたか」というところが大事になるような気がしています。

vol46_instore

(写真:表参道のUMiTOS Tokyo Aoyama)

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。