Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.48 株式会社かいのホールディングス 代表取締役社長 會野 登志美さん

トータルビューティ

2014.11.13

今年創業30周年を迎えたKAINOグループ。
関西を中心に27店舗、海外にも3店舗の姉妹店を持つ「かいのホールディングス」にて、一代で400人のスタッフを抱える組織を作り上げた、創業オーナーの會野登志美さんに、経営の理念を伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

會野 登志美(かいの としみ)

1957年生まれ。1984年にKAINO深井本店を4人でスタートし、30年。
現在はヘアメイク、ネイル、アイラッシュ、エステ、フォトスタジオ、レンタル衣装、ブライダルなどお客にトータルで美を提案できるグループに成長。全国27店舗。400人のスタッフを抱える。4人のお子さんを育てた母でもある。 KAINO webサイト → http://kaino.co.jp/

vol48_0392_main

|第2章|スタッフの夢はサロンの夢

野嶋 先ほど与えることで人は集まるという言葉がありましたが、もう少し詳しく伺っていいですか。

會野 うちのオープニングスタッフは私と4人なんです。そのスタッフらに「将来どうしたい?」と夢を聞いて、その夢に向かって歩んできました。その繰り返しですね。夢はね、いろいろですよ。海外に行きたいとか、いやいや独立したいとか。もちろんここに幹部で残りたいって子もいますし。
そういう夢は絶対叶えるからと言ってます。言うた限りは絶対叶えよって。

KAINOにはドリームボードがあるんです。そこにみんなの夢が書いてあるんです。ひとつ達成したらみんなで喜んで。今年は何人達成したかなあ。もちろん、それらの夢を叶えていくことは大変です。それをやらなかったらどれだけ儲かったかって思います(笑)。全部スタッフの夢に投資ですから。でも、だからこそ、下の子たちも先輩たちの姿を見て頑張ってくれます。

野嶋 それと同時に会社も大きくなっていくわけですよね。

會野 なっていってしもたんですよね。

vol48_page2_0364

野嶋 「なっていってしもた」という感じですか。

會野 そうですね。私、お店なんか増やそうと思ってなかったから。

野嶋 そうなんですか?

會野 そりゃぁ、そうですよ。そんなしんどいこと(笑)。14坪のお店ですよ。全員がカットできるようになったら、次のお店せにゃしょうがないじゃないですか。それがずーっと続いて今になってますね。東京のお店もね、「スタイリストになったら東京に行くのが夢」って子がおったんです。ちきしょー、東京かあ、と思いましてね(笑)。よし、東京に店出してやろうと。

野嶋 では、まさに周りの方に与える、与えるという繰り返しから、今の状態になっていったのですね。KAINOさんは東京にも海外にもサロンがありますが、数としては西の方が多いですよね。

會野 西が地元の子が多いからですね。

野嶋 やはり、そういうことなんですね。

會野 スタッフのおれへんとこは、出してもしょうもないですから。ネイルやブライダルも同じですね。

野嶋 スタッフさんがやりたいと言われたんですか?

會野 前にブライダルしたいからって辞めていった子がいたんです。それが寂しかったんですよね。だったら、辞めんでもいいように、自分とこで作ろうって。ブライダルしたいという子、多いんですよ。

今は、訪問介護やりたいという子がいますね。なので、私も介護福祉士の免許とって、今、いろいろ調べています。これは自分んとこで学校やるのが一番良さそうですね。介護福祉士の講習代って何十万もかかりますから。自分たちでやったら、費用面でもみんな免許とりやすいですよね。

野嶋 スタッフさんの要望に合わせて、どんどん広がっていきますね。

會野 そうです。今のKAINOも、今後、頑張ってくれた子たちに与えていきます。そのシステムももう作りました。

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。