Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.48 株式会社かいのホールディングス 代表取締役社長 會野 登志美さん

トータルビューティ

2014.11.13

今年創業30周年を迎えたKAINOグループ。
関西を中心に27店舗、海外にも3店舗の姉妹店を持つ「かいのホールディングス」にて、一代で400人のスタッフを抱える組織を作り上げた、創業オーナーの會野登志美さんに、経営の理念を伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

會野 登志美(かいの としみ)

1957年生まれ。1984年にKAINO深井本店を4人でスタートし、30年。
現在はヘアメイク、ネイル、アイラッシュ、エステ、フォトスタジオ、レンタル衣装、ブライダルなどお客にトータルで美を提案できるグループに成長。全国27店舗。400人のスタッフを抱える。4人のお子さんを育てた母でもある。 KAINO webサイト → http://kaino.co.jp/

vol48_0392_main

|第4章|横のつながりが絆を強める

野嶋 先ほどスタッフの方にお話を伺ったら、KAINOさんはクラブや同期会など、横のつながりが強いと聞きました。

會野 サッカー、野球、テニス、スノボと釣りと。何でもありますよ。私もう釣りで真っ黒でしょ?ボウリングもやらなあかんしね(笑)。10月には府立体育館を借りて運動会しますし。

野嶋 運動会には何人ぐらいいらっしゃるんですか。

會野 全員ですから、400人くらい。鹿児島からも来ますよ。その日はみんな休んで。そういうところ、うちはちょっと変わっていますね。

野嶋 美容業界の方々、特に若い子たちって、そういう繋がりや安心感をとても大事にしますよね。

會野 うちはめっちゃ仲がいいですよ。団結力もすごいと思います。

野嶋 それはなぜなんでしょうね。やはりオーナーの考え方が浸透しているからでしょうか。

會野 全員一緒で、新卒で入っているからちゃいますか? うちんとこは、創業以来、中途入社は一切ないんです。全部一から育ててますから。だから、研修所みたいなものですね。それが仲の良さのひとつの理由だと思います。

野嶋 30年間中途入社がないというのはすごいですね。

會野 ありがたいことに、うちは、ずっと人に困ってないんですよ。でもそう言うと皆さんびっくりされますよね。皆さん、困ってらっしゃるんでしょね。

野嶋 ほとんどのサロンさんがリクルートの難しさや、離職の高さに困っていると思います。

會野 KAINOも教育が厚く濃くなった時期があったんですけれど、その時期は結構辞める子おりましたけどね。でも、ほかのサロン行っても、また戻ってきたがる子も多いんです。その時は毅然とした態度でお断りします。まあ、みんな、楽な方にいきますよ。でもそういう感覚の人はもう入れんでもいいという頑固さもある。そういうところは昭和ですね。
あとは、うち、材料部門があるので。独立していった子たちも、同じ仲間として安くおろしてあげている子、いっぱいいます。

野嶋 ボランタリーチェーンのような形ですね。独立してからもつながりがあるのはいいですね。

會野 お給料体制も、お休みもしっかりやっていきたい。これから、そのレベルを私らオーナーがみんなちゃんとしとかなあかんと思います。そうやないと生き残っていけない。美容は機械がするもんやないし、やっぱり人と教育ありきです。ちゃんと人を育てて、教育にしっかりお金を使いましょうと。
うちも、ほんまやったら、大豪邸建つんやないかと思いますけどね(笑)。お金が全然残ってないですからね。全部貯金したら億万長者になったと思いますけれど、人に使ってきたから。まあ、だから、楽しいですよ。毎日が。

野嶋 それは一番素敵なことですね。

會野 人を育てると、本当に楽しいよね。みんなよく飲みに来たり、麻雀しに来たりしてくれるんですよ(笑)。

野嶋 それは嬉しいですね。

會野 嬉しいです、嬉しいです。花見のときは、何百人ってうちに来ますよ。子どもができたりすると、みんな、ばあちゃん、ばあちゃんって言ってね(笑)。この団結力はいつまでも永遠に続いてほしいなって、親はそう思うもんです。子どもは仲良くしてほしいなぁって。誰が可愛いというのないもんねえ。

野嶋 素晴らしいお子さんたちが全国にいっぱいいますねえ。

會野 そうですね。私が動けなくなったら、訪問美容やりたいって言ってた子らに家に来てもらって看てもらおうと思います(笑)。

野嶋 貴重なお話でした。今日はありがとうございました。

vol48_page4_0372

(写真/酒井修平 文/佐藤友美)

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。