Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.48 株式会社かいのホールディングス 代表取締役社長 會野 登志美さん

トータルビューティ

2014.11.13

今年創業30周年を迎えたKAINOグループ。
関西を中心に27店舗、海外にも3店舗の姉妹店を持つ「かいのホールディングス」にて、一代で400人のスタッフを抱える組織を作り上げた、創業オーナーの會野登志美さんに、経営の理念を伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

會野 登志美(かいの としみ)

1957年生まれ。1984年にKAINO深井本店を4人でスタートし、30年。
現在はヘアメイク、ネイル、アイラッシュ、エステ、フォトスタジオ、レンタル衣装、ブライダルなどお客にトータルで美を提案できるグループに成長。全国27店舗。400人のスタッフを抱える。4人のお子さんを育てた母でもある。 KAINO webサイト → http://kaino.co.jp/

vol48_0392_main

|第1章|もっと「人」を大事にする業界に

野嶋 30周年おめでとうございます。今日はKAINOさんの経営についてお話を伺いたいと思っています。特に若い世代の経営者の人たちに向けてのメッセージがいただければと思います。

會野 ありがとうございます。よろしくお願いします。

野嶋 30年を振り返り、今一度、若い方々にアドバイスをするとしたら、どんなことでしょうか?

會野 そうですね、ひと言で言うと「あなたたちの財産は何か、そこをしっかり見なさい」ということですよね。私たちの財産は「人」そのものです。それなのに、私は、美容業界はレベルが低いと思うんです。

vol48_page1_0355

野嶋 レベルが低い?

會野 やはり、社会的な地位の低さがありますよね。その理由のひとつに、スタッフの社会保険や厚生年金や、あとは適切な休みなどが整備されていないことがあると思う。これから美容師を志す人の人口が少なくなるのが目に見えているのに、環境が整っていなければ新しい人材を受け入れできないですよね。

野嶋 若い人が来なくなると?

會野 そう、思います。私は、今の時代は昔ながらの師弟制度のようなことで人を引っ張れる時代ではないやろって。
もっと人として尊重して、福利厚生もしっかりしていかなくては。もっと人を大事にしてほしいと感じます。

野嶋 とてもよくわかります。若い人たちはより安定を求めているところがありますよね。ただ一方で、美容師という職業にあったサクセスストーリーのようなモチベーションが弱くなっていることも指摘されていますよね。そのあたりはどう思われますか。會野さんは一代でこのサロンを築いていらっしゃるわけですが、どのように今までサロンを成長させていったのでしょうか。

會野 うちのサロンには常に目標があるんですよね。まずスタッフがどうしたいか、彼らの夢を聞きます。そして、必ずその道をつくります。その繰り返しで、気づいたらこの規模になっていったという感じでしょうか。

野嶋 それだけ、組織の中にいて、自分の夢を実現できる道があるということですね。

會野 そうです。私、単純なんですよ。自分が困ったことを解決して、前向きに改善できれば人が来るって思っています。人を集めよう思うても集まらへんと思うんですね。与えるところから人が集まってくると思うんです。私の人生はもう、人に与えるフェーズに入っていると思います。

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。