Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー トップインタビュー >  > Vol.42 株式会社ソシエ・ワールド 代表取締役社長 須藤 政子さん

トータルビューティ

2014.07.31

「エステティックサロン ソシエ」を全国に54店舗展開するほか、「ビューティアベニュー ソシエ」「ルグラン ソシエ」「ネクスト ソシエ」「ソシエ245」「タルゴ」のサロンブランドで展開し、トータルビューティを提案。ヘア部門もくつろぎのリラクゼーションサロンからファミリーサロンまで展開。パリ、台湾、上海へと海外進出もしているソシエ・ワールド。創業54年目を迎える老舗ブランドが考える成長戦略と業界のこれからについて、代表の須藤さんにお話をうかがいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

須藤 政子(すどう まさこ)

1973年2月、株式会社ソシエ・ワールドの前身である株式会社髙橋商事の理容室に入社。1981年、第一号店「ソシエdeエステ銀座ワールド店」店長に就任。1982年、営業部長に就任。1985年、エステティック事業部担当常務取締役に就任。1992年、専務取締役に就任。2002年、代表取締役専務に就任。2007年6月、代表取締役社長に就任。現在に至る。
(一社)日本エステティック業協会常務理事。(公財)日本エステティック研究財団理事。認定NPO法人 日本エステティック機構理事。(一社)人日本エステティック試験センター評議員。
株式会社ソシエワールド webサイト → http://www.socie.jp/

s-vol42_Main_2096

|第1章|ソシエの成長戦略・海外へ積極的に展開

野嶋 今日はよろしくお願いします。

須藤 よろしくお願いします。

野嶋 まず、ソシエ・ワールドが、そして須藤さんが、「これまで大事にしてきたこと、そして未来」というテーマでお話をおうかがいしたいと思います。

須藤 今後、ますます海外戦略がひじょうに大事になってくると思っています。これまではいただいたお話に乗っかっていくだけでしたが、海外戦略部隊をつくって、積極的にオファーをかけていこうとしています。それが今年の大きな柱ですね。台湾、上海の展開で、教育がしっかりしているということ、一定のステイタスある顧客をターゲットにしているという2点を評価いただいていることがわかりましたし、それがソシエ・ワールドのブランドなんだと感じています。

s-vol42_page1_1832

野嶋 国内展開と海外展開の大きな違いはどんな部分なのでしょう?

須藤 海外の場合、投資の仕方が日本の比ではないのです。弊社がベンチマークしている1坪あたりの内装費の倍をかけて、途方もないようなスペースにとても豪華なスペースをつくるわけです。しかし、いちばん困っているのは運営ノウハウ、クオリティの維持、新たな技術を常に提供しつづけるノウハウなどです。それらをソシエ・ワールドに求めてきているわけです。

野嶋 なぜ、日本の倍ものお金をかけられるんですか。

須藤 資本力が桁違いです。事業が魅力的であれば、投資家が出てくる。それが海外の考え方です。独資でやってきた私たちとは、全然感覚が違う。われわれは、期待にあったフィーをちゃんと払っていき、また次の投資をしてもらう。「自分たちで経営の責任をとって」とやってきたことと比べると、スピードが違います。

野嶋 なるほど。事業スピードが早いというメリットがあると同時に、期待に応えなければならないプレッシャーも大きいですね。

須藤 まさにそのとおりです。その期待に応えるために、いちばん重要なのは、人材教育の拠点を設けることです。アジアでは、シンガポールが拠点になると思います。そこでは、技術だけではなく、ソシエ・ワールドがいちばん得意とする、接客・接遇・おもてなしを伝えたいと考えています。それをしないとたぶん成功しないと思うんです。
 
聞くところによると、沖縄のスパの5割が成功していないそうです。
それは、社員教育を定期的に繰り返すことがほんとうにたいへんだからだと思うんですね。東京から往復するだけでも相当、お金がかかりますから。そうすると結果的に現場に任せっぱなしになってしまう。
1度ならず2度お客様を感動させられた。そして、お客様にリピートして来ていただける関係性ができた。それが従業員の充実感につながり、顧客満足度をキープするんです。そのためには、しっかりとした教育機関が必要だと思うんですね。

日本のエステティックが海外に店を出すとき、資本はあっても教育は現地まかせというやり方が多くて、ブランドはいっしょでも現実にいってみたら中身が全然違うということがよくあります。
われわれが評価されているポイントが、教育であり、人の育成だから、ここがいちばんの基本だと考えています。

1 2 3 4 5 6

関連記事

関連記事はありません。