Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー ビューティウーマンインタビュー >  > NPOふくりび(名古屋) 園田 敦子さん

ヘアサロン領域

2014.02.26

~施設や自宅でのキレイになりたいを実現。訪問美容師という働き方~
訪問美容とは、高齢者や障害者など、サロンに来ることができない方を訪ね、施術する仕事です。
東海エリアで訪問美容を事業にしているNPOふくりび。その立ち上げの頃から訪問美容師として活躍している園田さん。 ここに至るまでの仕事観についてうかがいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

インタビュー

PROFILE

園田 敦子

1971年生まれ。名古屋の美容サロン勤務後、医療事務など他業種を経験ののち、2000年に美容師として復職。
翌年、同サロンの先輩と結婚、出産を機会に専業主婦に。
2005年、NPOふくりびの訪問美容師に。現在、月間140人のカットをしている。10歳と6歳2児の母。

s-sonoda_main

img_turning-point
園田 敦子’s ターニングポイント

1992 20才。名古屋の大手サロンに就職。勉強と修行の毎日。お客様からも厳しい指摘を受けるなど凹むことが多かった。
【★★】

s-sonoda_1992
最初に入社したサロンは名古屋の有名サロン。同期は20人。勉強、勉強の毎日が辛くて、辞めたいと思ったけれど、辞める理由を見つける余裕もなく、「スタイリストになるまでは辞めたらだめ」という先生の言葉を信じ、耐えた日々。

1996 24才。スタイリストデビュー。
お客様を担当できるようになって充実した日々。
【★★★★】
1998 26才。職場の女性の先輩は強い人ばかり。同じようにはなれないと思い、退社。
デパート、飲食店、医療事務などさまざまな職業を経験するも、どうもしっくりこない日々。
【★】

s-sonoda_1998
デパート、飲食店、医療事務と、さまざまな職業を経験。海外旅行も楽しんだ。人づきあいがわずらわしいと感じていたにもかかわらず、選ぶ職業は接客業ばかり。めんどうだけれどやっぱり人が好き、接客業が好き、という自分を発見した。

2001 29才。さまざな仕事を経験し、「やっぱり美容師として一人前に働きたい」と決意。
【★★★】
2002 30才。同じサロンに勤めていた先輩と結婚。
【★★★★】
2003 31才。ご主人の希望もあり、その後、サロンを退職。
飲食店でパートとして働く。飲食店のオーナーから、「美容師の資格をもっているのにもったいない」と
よく言われていた。
【★】
2004 32才。長男出産。子育てに充実した日々。
【★★★★★】

DSC_0326
いちばん大事なのはやっぱり家族。ご主人の「しっかり家庭を支えてほしい」という気持ちに応えたいと思っている。家族が健康で過ごしやすくできるよう、仕事だけでなく家事もがんばって、ゆとりある生活をすることが目標。

2006 34才。ご主人が実家のサロンを手伝うために退職。サロン経営スタート。
事業が軌道にのるまで家計を自身も支えたいと職探し。ふくりびの訪問美容師募集広告に出会い訪問美容師に。
【★★★】

2008 36才。次男出産。保育園に預け、訪問美容の仕事を続ける。
週4日6〜8時間勤務。遅くとも17時半に仕事が終わるという比較的マイペースな今の仕事が気に入っている。
【★★★★★】

s-sonoda_2010
介護施設でのイベント、ビューティーキャラバンで、仲間と。「いずれ人間は老いていくという現実を子どもに伝え、視野を広げてほしいという思いもあってこの仕事に応募しました」。現在、週4日の勤務体制で、高齢者や障害者の施術をしている。

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。