Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー ビューティウーマンインタビュー >  > NPOふくりび(名古屋) 園田 敦子さん

ヘアサロン領域

2014.02.26

~施設や自宅でのキレイになりたいを実現。訪問美容師という働き方~
訪問美容とは、高齢者や障害者など、サロンに来ることができない方を訪ね、施術する仕事です。
東海エリアで訪問美容を事業にしているNPOふくりび。その立ち上げの頃から訪問美容師として活躍している園田さん。 ここに至るまでの仕事観についてうかがいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

インタビュー

PROFILE

園田 敦子

1971年生まれ。名古屋の美容サロン勤務後、医療事務など他業種を経験ののち、2000年に美容師として復職。
翌年、同サロンの先輩と結婚、出産を機会に専業主婦に。
2005年、NPOふくりびの訪問美容師に。現在、月間140人のカットをしている。10歳と6歳2児の母。

s-sonoda_main

img_woman-qa園田 敦子さんに聞きました
img_woman-q
●働き始める前、美容師という仕事をどうイメージされていましたか?
img_woman-a
お客様を美しくし、楽しい時間、癒される時間を過ごしていただく仕事。

img_woman-q
●実際と違ってギャップはありましたか? あったとしたらどんなギャップですか?
img_woman-a
日々勉強!毎日がテスト週間みたいに思えた。

img_woman-q
●仕事をしていていちばん苦しかったことは?
img_woman-a
うーーーん、思い出せない。

img_woman-q
●仕事をしていていちばん悩んだことは?
img_woman-a
ふくりびの仕事をしてからは、お客様が亡くなられたとき。今まできちんと接客できたのかとか、色々考え込んでしまうこと。

img_woman-q
●仕事をしていていちばんうれしかったことは?
img_woman-a
ありがとうって笑顔になったとき。

img_woman-q
●「美容師として生きていく。」と覚悟を決められていますか?いつ頃でどんな時でしたか?
img_woman-a
長男を保育園に預け、復帰したとき。

img_woman-q
●仕事の醍醐味を教えてください。
img_woman-a
お客様と接することで考えたり悩んだりうれしく思ったり感じることがいっぱいあること

img_woman-q
●女性が美容師として仕事を続けるにあたって、いちばん必要なことは何だと思いますか?
img_woman-a
健康であること

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。