Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー ビューティウーマンインタビュー >  > R. Couture Beauty Salon(ハワイ) 泉 真紀さん

ヘアサロン領域

2014.02.26

~表参道からハワイへ、そしていずれはアメリカ本土へ~
数々の雑誌で活躍し、出産後も表参道のサロンで店長をしながら月間400万円の売り上げをキープ。
常に第一線を走ってきた泉さんがハワイへの移住と出店を考えたのが36才のとき。
異国の地で新たなスタートを切った泉さんの次なる挑戦について伺いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

インタビュー

第3章

泉 真紀’s Q&A

PROFILE

泉 真紀

1973年生まれ。原宿のサロンで働き33才で妊娠。臨月に月間785万円の売り上げをあげて産休に。2か月で復帰してからも第一線で働くが、ハワイでの独立を決意。現在は息子の琉人君と一緒にワイキキで暮らす。

img_izumi_thumb

img_turning-point
泉 真紀’s ターニングポイント

1995 21才。当時働いていたサロンで社長に「お前は面白い」と言われ他の店長は40代なのに、突然本店の店長に任命。
【評価外】
1997 24才。朝の通勤途中、あまりに天気がよくて「あ、仕事を辞めよう」と決意。
その日のうちに会社に話し1か月半後に退社。
【★★★★★】
24才。LA.で数か月間遊びほうけ、帰国。
次は原宿で有名になろうと思い立ち、OASISに押しかけ、雇ってほしいと直談判。
募集はしていなかったけれど、なぜか採用。
【★★★★★】
1998 25才。スタッフとうまくいっていなかったとき、新ブランドの立ち上げの話が。
「辞めたら自分に負ける」と、異動を引き受ける。
【★】

img_izumiPhoto1
新ブランドⅢQ(スリークエッションズ)では、有名モデルやアーティストをたくさん担当。多くのファッション誌で何度も特集ページが組まれた。撮影とサロンワークで目まぐるしい日々だった。写真は最終営業日のもの。

2001 28才。海外で働くという以前からの夢を叶えるためにN.Yに下見へ。しかし、折しも、テロが発生。帰国。
【対象外】
2003 31才。営業成績はいいものの何か満たされず勝手に1か月半サロンを休み、世界一周旅行へ。
【★★★★★】
2007 33才。息子を出産、結婚、離婚。
時短勤務での今までの売り上げとのギャップ
なれない育児で、記憶のない時期。
【★】
2012 37才。唯一自分に残った夢、海外で働くことを実現するためにハワイの投資家ビザを取得。1月末にハワイに移住。
【★★★★★】

img_izumiPhoto2
ハワイ行きが決まってから、たくさんの方と握手して、たくさんの方から頑張って!というメッセージを受け取った。「美容師はお客様がいなければ技術を持った人です。美容師ではないのです。私を美容師でいさせて下さって感謝の気持ちでいっぱいです。」(ブログより)

img_izumiPhoto3
アラモアナにほど近い立地で、1対1で接客するアットホームなサロン。東京で働いていたときは、常に「舞台に立っている」というテンションで接客をしていた泉さん。今は、良い意味で仕事とプライベートが地続きの感覚があるのだそう

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。