Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー ビューティウーマンインタビュー >  > フリーランス・SOHO(滋賀)・ヘアメイク事務所Mondo-artist かあこさん

ヘアサロン領域

2014.02.26

~美容師とクリエイター どっちも大事だったから、フリーランスの道に~
コンテストでの数々の受賞歴、業界誌での活躍やセミナーなど、クリエイターとして名を知られる、かあこさん。
2012年からは所属していたサロンに籍をおきながら、フリーとして活動をするという新しい挑戦をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

インタビュー

第3章

かあこ’s Q&A

PROFILE

かあこ

1975年京都生まれ。姉が経営するサロンを経て、SOHOに入社。
トレンドビジョンでのグランプリ、度重なるJHAでのノミネートなど、コンテスターとして名を馳せる一方、サロンワーカーとしてもキッズから年配まで幅広いお客さまを担当する。
2012年にフリーになり、現在はヘアメイク事務所Mondo-artistのディレクターでもあり、SOHOでサロンワークをする美容師でもある。

s-kako_main

img_turning-point
かあこ’s ターニングポイント

1995 20才。カットレッスンが全く進まず、毎日辞めたいと考えていた。
【★】

s-kako_1995
小さい頃からリカちゃんの髪を切るのが好きだった女の子。
その想いのまま美容師の職につき、8才年上のお姉さんのサロンで働くことに。
いつまでたっても「妹さん」という扱いだったのが嫌だった反面、どうしても甘えてしまう自分も。

20才。当時つき合っていた美容師の彼に「そんなにやる気がないなら、お客さまに失礼だから辞めろ」と言われ、美容師という職業を嫌いになるために、仕事のことをとことん考えるようになった。結果的に、美容師が大好きになり、人生のスイッチがここで入る。
【★★★★★】
2001 26才。働いていた姉のサロンを辞め、SOHOに入社。新しいサロンでの人間関係に悩む。
【★★】

s-kako_2001
美容師という仕事が急に好きになって、スイッチが入ったころ。
いち美容師としてステップアップしたいと思い、お姉さんのサロンを辞めてSOHOに入社。
初めは人間関係の難しさで悩んだこともあったけれど、すぐにかけがえのない仲間に。

2004 29才。トレンドビジョンでグランプリ。日本代表としてドイツへ!
【★★★★★】

s-kako_2004
トレンドビジョンでグランプリを受賞。この後も数々のコンテストに出場し、入賞を果たす。
自分でも毎週のように作品撮りをし、休みの日には上京し、業界誌の編集部やテレビ、雑誌のヘアメイクの仕事をとるための売り込みを始める。

29才。遠距離恋愛になった彼と、ドイツで再会するものの、結局別れることに。30才を前にして大失恋。
【★】

2012 37才。SOHO clueにて店内独立。フリーランスの道へ。
【★★★★★】
37歳。そして、また失恋!
【★★★★★】

s-kako_2012
「辞めない辞め方」を模索した結果、社内独立という方法でSOHOに籍を残したままフリーランスに。
ヘアだけではなくメイクの講習依頼も多く、全国を飛び回る日々。ゆくゆくはヘアメイクとして、アカデミーをもつのが夢。

2013 38歳。Mondo-artistに所属。プロデューサーに就任。
ここからさらにぶっ飛ばしていきます。
【★★★★★】
1 2 3

関連記事

関連記事はありません。