Beauty総研

アカデミー

TOP > インタビュー ビューティウーマンインタビュー >  > kakimoto arms(東京) 高原 紀子さん

ヘアサロン領域

2014.02.26

~この道は誰も歩いたことがない道 だから自分で道をつくるんだ、と~
日本にまだカラーリストという職業がなかった時代、デビュー2年目でハサミを置き、カラーリストとして身をたてる決心をした高原さん。
今でこそ、日本にヘアカラー文化をもたらした第一人者として知られる彼女も、厳しい下積みの日々を過ごしていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

インタビュー

PROFILE

高原 紀子

1970年生まれ。kakimoto armsに入社後、スタイリスト2年目で渡英。世界的カラーリストのダニエル・ギャルビン氏にヘアカラーを学び帰国。
日本を代表するカラーリストとして講習に撮影に全国を飛び回る日々。39歳で出産し、復帰後もさらに活躍の場を広めている。

s-s-takahara_main

img_woman-qa高原 紀子さんに聞きました
img_woman-q
●働き始める前、美容師という仕事をどうイメージされていましたか?
img_woman-a
素敵な仕事!

img_woman-q
●実際と違ってギャップはありましたか? あったとしたらどんなギャップですか?
img_woman-a
技術だけではなく、コミュニケーション力の大切さを知った事。

img_woman-q
●仕事をしていていちばん苦しかったことは?
img_woman-a
技術者試験の厳しさ

img_woman-q
●仕事をしていていちばん悩んだことは?
img_woman-a
特にありませんでした。

img_woman-q
●仕事をしていていちばんうれしかったことは?
img_woman-a
お客様に喜んで頂いたこと。

img_woman-q
●「美容師として生きていく。」と覚悟を決められていますか?いつ頃でどんな時でしたか?
img_woman-a
カラーリストになったのと同時

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。