Beauty総研

アカデミー

TOP > セミナー 講演録 >  > 髙橋 ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役、家事研究家)

ブランディング

2014.02.04

髙橋 ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役、家事研究家)

髙橋 ゆき(たかはし ゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私生活でもパートナーである髙橋健志氏とともに、日本初の家事代行サービスを手掛けるベアーズを磨き続けて15年。
ゼロからブランドを確立し、質の高い人材を育成してきた髙橋ゆきさんに、ブランドの磨き方や経営者のビジョンを形にできるNo.2の育て方など、美容業界にも生かせるエッセンスをお話しいただきました。

日時 2014年2月4日 【開始】13:00【終了】15:30
場所 リクルート銀座8丁目ビル
動員数 22名
プログラム 「日本初家事代行サービス会社・ベアーズ躍進の秘密 ~サービス業における競争力の磨き方~」

PROFILE

髙橋 ゆき(たかはし ゆき)

家事代行サービス産業を牽引する「株式会社ベアーズ」専務取締役としてマーケティング、広報、人材育成を担当。
同社は2010年サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」受賞。2011年東京商工会議所「勇気ある経営大賞」特別賞受賞。2013年経済産業省「おもてなし経営企業選」選定、2012年には、テレビ東京「カンブリア宮殿」に出演。
個人としても各種ビジネスコンテストの審査員や日本能率協会「経営・マーケティング戦略コース」のコメンテーター、日本の暮らし方研究家、家事研究家として活躍。
座右の銘は「人生まるごと愛してる」

s-y.takahashi_top

|第4章|新しいサービスは、どんな発想から生まれるのでしょうか?

y.takahashi (5)

 現在の基本的なサービスの内容や料金は、500人の女性へのアンケートから設定しました。それも、20~30代のシングル女性と既婚で子どものいない女性、子どものいるファミリー世帯で共働きの女性と専業主婦の女性、40代からシニア世代の女性というふうに、偏りなく意見を聞きました。公園のお母さんたちや、自分が加入している生命保険会社の方たちに協力をお願いしたり、スーツ姿で銀座4丁目の交差点に立ち、国の調査か何かのように道行く女性にマイクを向けたりもして(笑)。

 その中から、多くの女性が家事代行サービスを頼んでみたいと思っていること、掃除や洗濯だけでなく、子どもやペットの世話、料理やアイロンといったいろいろなサービスを期待していること、頻度は週に1回・2時間程度、1回の料金が5000円なら利用しやすいといったことがわかりました。そこから、1回・2時間4980円(創業当時)、マルチ型のサービス提供を決めたのです。使い手の「あったらいいな」を形にしたんですね。

 現在のベアーズには、即日対応の「ベアーズエクスプレス」というサービスがありますが、これも、お客様から多く寄せられていたニーズに応えて作ったものです。通常は採用や育成、オペレーションが非常に難しい私たちのこのサービスで即日対応するということは、当時は夢のまた夢でした。その難易度の高いことをすることを、創業から試行錯誤を重ねて、10年目にようやく実現させました。

 また、1週間分の夕食を作り置きする「楽ラクうちごはん」というサービスは、私の「あったらいいな」から生まれました。共働き家庭では、仕事のあとに保育園に迎えに行き、帰宅後すぐに夕食の準備をしないといけないので、そんなに凝ったものは作れません。私自身、同じようなメニューしか作れず、自分の親から「毎日同じものを食べさせているの?」と心配されたことがありました。そのとき、育ち盛りの子どもにそれではいけないと思う気持ちと、共働きの母親はみんな頑張っているのに、手を抜いているように見られるのは悲しいと思う気持ちがあったんですね。そこで、共働き家庭の食育を応援するつもりで、まとめ作り置きサービスを形にしました。いざリリースしてみると、「短時間で多くの料理を作るプロのワザを参考にしたい」という専業主婦の方や、「宅配の弁当ではなく、自宅で作られた料理を食べたい」というシニアの方などにも利用していただいています。

 美容業界に長くいた私の友人は、自身が大病をして大変な手術、車椅子での生活を経験したことから、病気や身体が不自由などで一般の美容室には行きづらい人たちも美しくいられるような美容室を作ろうと、巣鴨に「コミュニティサロン と和」をオープンしました。店内はバリアフリーの様々な工夫がされているほか、訪問美容サービスも提供しています。また、結婚や出産、厳しい労働環境などさまざまな理由で仕事を離れた美容部員たちにも、雇用と活躍の場を提供したいと考えているそうです。本当にすばらしい志と行動力に改めて気づかされる「社会のあったらいいな」を目の当たりにしました。

 みなさんにも、自分が社会にあったらいいなと思うことを、美容業界の枠や固定観念にとらわれず、どんどん作っていってほしいと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

関連記事はありません。