Beauty総研

アカデミー

TOP > セミナー 講演録 >  > 髙橋 ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役、家事研究家)

ブランディング

2014.02.04

髙橋 ゆき氏(株式会社ベアーズ 専務取締役、家事研究家)

髙橋 ゆき(たかはし ゆき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私生活でもパートナーである髙橋健志氏とともに、日本初の家事代行サービスを手掛けるベアーズを磨き続けて15年。
ゼロからブランドを確立し、質の高い人材を育成してきた髙橋ゆきさんに、ブランドの磨き方や経営者のビジョンを形にできるNo.2の育て方など、美容業界にも生かせるエッセンスをお話しいただきました。

日時 2014年2月4日 【開始】13:00【終了】15:30
場所 リクルート銀座8丁目ビル
動員数 22名
プログラム 「日本初家事代行サービス会社・ベアーズ躍進の秘密 ~サービス業における競争力の磨き方~」

PROFILE

髙橋 ゆき(たかはし ゆき)

家事代行サービス産業を牽引する「株式会社ベアーズ」専務取締役としてマーケティング、広報、人材育成を担当。
同社は2010年サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」受賞。2011年東京商工会議所「勇気ある経営大賞」特別賞受賞。2013年経済産業省「おもてなし経営企業選」選定、2012年には、テレビ東京「カンブリア宮殿」に出演。
個人としても各種ビジネスコンテストの審査員や日本能率協会「経営・マーケティング戦略コース」のコメンテーター、日本の暮らし方研究家、家事研究家として活躍。
座右の銘は「人生まるごと愛してる」

s-y.takahashi_top

|第1章|女性を輝かせる産業を作るために、大切にしていることは何ですか?

y.takahashi (8)

 まず初めに、私自身とベアーズが大切にしていることをお話ししたいと思います。私の取り柄はスーパーポジティブシンキング。苦労もたくさん経験してきたけれど、それを苦労と思う間もなく濁流に飲まれてきました。その人生すべてを受け入れようという思いから、「人生、まるごと愛してる」を座右の銘としています。いつも楽しいことを想像している“妄想族”でもあり、仕事においても、常にワクワクする面白い取り組みはないかと考えています。
 
 家事代行サービスを通じて、「ご家庭や社会にひとつでも多くの笑顔の創出に貢献する」——これが、ベアーズの事業の目的です。この終わりのない目的に向かうための指標として、3つの目標も定めています。1つは、社員やベアーズレディと呼ぶスタッフの働き満足度をNo.1にすること。具体的には不定期で全社員にアンケートを実施して、幸せに働けているかを聞いたり、ベアーズレディとコミュニケーションとれる機会も作っています。アンケートを5年ほど前に始めた当初は、会社に対する不満だらけ。それは社長が怒り出すほどでしたが、何度もじっくり読んでいくうちに、会社を愛しているからこそ、本音を書いてくれているんだという感謝の思いに変わりました。以来、「耳は痛いけど、心は痛くない」を社長と私の合い言葉に、社員やベアーズレディの本音を積極的に聞くようにしています。その姿勢が伝わっているのか、最近ではこのアンケートを実名で書いてくれる社員も増えています。

 2つ目の目標は、「お客様感動度120%への飽くなき追求」です。ご利用後のお客様に対しても、社長室に直接届くアンケートハガキを返送していただいています。このアンケートでは「ベアーズのおかげで夫婦げんかが減った」「妻がきれいになったように見える」といったよろこびの声から、期待が込められた叱咤激励の声が届き、とてもありがたく思っています。一方で、社長はアンケートの返送のないサイレントなお客様の声こそ重要だと考えて、そうしたお客様にもスタッフから電話をかけるようにしています。それも、何かしらの答えが返ってくるまで、最低3回は尋ねなさいと指示しています。ベアーズを利用されるお客様は忙しく、電話で「気づいたことはありませんか?」と尋ねられたら、早く切りたくて「特にない」と答えます。そこでもう一度尋ねると「しつこい」と怒られることもある。でも、さらに「そこを何とか…」と切り込めと、社長は言うんですね(笑)。人は3回尋ねられると「何か答えないと終わらない」と思うようで、ここでようやく「強いて言えば…」という答えが引き出せる。その答えから気づきをいただくことも多いのです。

 3つ目の目標が、 産業の確立による日本の新しい雇用の創造です。社長と私は、商品を使っていただくお客様が増えるだけでは産業はその根を広げていきません。重要なのは働き手にあたるこの仕事に従事している人たち(ベアーズレディ)がより、この仕事に情熱と誇りをもって活躍をしてもらえるフィールド(これがまさに産業)を目指しています。そのための一例として、昨年には私が切望してきた、同業の事業者を束ねる「一般社団法人全国家事代行サービス協会」も産声を上げることができました。今後は自社の成長だけではなく、業界全体の品質の底上げにも私自身が貢献できるような人物になれるように精進していきたいと思います。ベアーズでは現在、20代から83歳までのベアーズレディが働いています。これだけ幅広い世代が同じ仕事をしている産業はあまりないでしょう。美容業界でも、年齢の制限なく働いてもらうチャンスを作れないかという切り口で考えていくと、新たなサービス開発につながるかもしれません。

 このような活動や実績が評価されて、ベアーズとしては、東京都から「東京ワークライフバランス認定起業」に選出されたほか、東京商工会議所が主催する「勇気ある経営大賞 特別賞」などを受賞しています。私自身では、社会起業大学のソーシャルビジネスグランプリをはじめとする各種審査員のほか、日本能率協会の「経営・マーケティング戦略コース」の講師なども務めています。普段は受賞歴などにはあまり触れませんが、今日は私の言葉を少しでも魅力的に感じていただくためにお伝えしました(笑)。これからベアーズでの経験だけでなく、こうした活動からもお話しさせていただきますので、何かしらの元気と勇気、そして愛を持ち帰っていただけたらと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

関連記事はありません。