Beauty総研

アカデミー

TOP > セミナー 講演録 >  > 白木 夏子氏 (HASUNA 代表取締役)

ブランディング

2013.09.24

白木 夏子氏 (HASUNA 代表取締役)

白木 夏子(しらき なつこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エシカル・ジュエリー(環境や社会に配慮した宝飾品)」。2009年、日本ではまだなじみの薄い言葉を旗印にアクセサリーブランド「HASUNA」を立ち上げた。「世界から貧困をなくしたい」思いを胸にひた走り、現在、伊勢丹新宿店内などに3店舗を構える。業界で前例のないチャレンジにいかにして取り組んだのかを、お話いただきました。

日時 2013年9月24日 【開始】19:00【終了】21:00
場所 グラントウキョウサウスタワー
動員数 35名
プログラム 第1部
  「”ものがたり”を商品化。
 新たな価値意識に訴えるブランドはどう創られたのか?
~エシカルジュエリーブランドHASUNAの挑戦~」

第2部
パネルディスカッション「志をカタチにするために」
白木氏 × ビューティ総研 金田裕子

PROFILE

白木 夏子(しらき なつこ)

1981年鹿児島県生まれ、愛知県育ち。2002年から英国ロンドン大学キングスカレッジにて、発展途上国の開発について学ぶ。卒業後は国連人口基金ベトナム・ハノイ事務所とアジア開発銀行研究所にてインターンシップを経験。投資ファンド事業会社を経て、2009年4月HASUNA Co.,Ltd.を設立、代表取締役に。エシカル=環境や社会に配慮したジュエリーブランドを中心とした事業を展開。2011年3月に南青山店をオープン、2012年7月に名古屋栄、2013 年3月伊勢丹新宿店内に進出。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。同年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の若手リーダー30人、『AERA』の「日本を立て直す100人」に選出。

IMG_1137-624x936_r

|第4章|妥協しない。デザインも品質も価格も

LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page4_001LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page4_002

 途中であきらめてしまうことはとても簡単。でも、あきらめられないものなんです。それが達成できるかどうかはわからないけど、私は自分の志って口にしないと叶わないと思っていて。「叶う」という字って、十に口って書く。十回口にすると叶う。口にしないと叶わないんです。そんなこともあって、現地で宣言してきて、そこからみんなでがんばって、何年間かかっても実現させようって動いてがんばってきた。

 おかげさまで好評で、皆さん買っていってくださる。でも発売してからも、いろんなことを言う人がいるんですよね。今私が着けているネックレスは18金と水晶を使った、一本7万4000円のもの。上のレンジのものだと12万円。「水晶をそんな価格で売るなんて狂ってる」って言われました。これだけ苦労して開発したんだから、私はその値段をつけたい。水晶が業界の中で安いって言われてても、じゃあ安くするかっていったら、そんなの何か違う。彼女たちの苦労と、私たちがかけた思いを実現するために、この値段で出したい。一方、価値をわかってくれるお客様もいます。販売員も、開発ストーリーや苦労をお客様と共有することができて、共感したお客様が買ってくれている。それが、私たちの価値だと思っています。

 デザイン面で言うと、私の他にもう1人デザイナーがいて、ジュエリーの現代アートの展覧会で入賞しているような実力派です。彼女のデザインは蓮の池をイメージしていて、水晶の部分は、今にも咲かんとする蓮の蕾をデザインしている。彼女のクリエイティビティで、つくり上げています。

 デザインも品質も値段も妥協しない。そういう姿勢を貫いてここまできた。発売前になると社員も全員不安になる。どうして高いものは売れないって決めつけるんでしょうね。「やってみないとわからないじゃん!」と言って売ってもらっています。実際に売ってみて、売れると納得すると売ってくれるんですよね。こういうとき、経営者ってほんとに大変だなー、と思います(笑)。そんな感じで、3店舗の店長とオンラインブティックの店長と一緒に、来月の売り上げ目標をどうやって達成するか、なんてことをよく話しています。

 南青山に本店を立ち上げたのは2011年の3月で、東日本大震災の10日後ぐらいでした。電車が止まり、計画停電も始まって・・・「この状態で人が来るかなあ」、「オープニングパーティで停電したらどうしよう」と思っていました。実際にはたくさんの人が駆けつけてくださって、狭い中に50人ぐらい集まってくれて大成功でした。そのときは自粛モードではありましたが、「オープンしてよかった」としみじみ思いました。

 本店は外苑前の駅から徒歩5~6分。表参道からすぐ。でも、「こんなところに人、来るんだろうか?」というようなひと気がないところ。もともと結婚指輪、婚約指輪の対面販売をしていて、「お店がないと不安だろうな」と感じていました。この店ができるまで、私がサンプルをかついで、ホテルのラウンジでカウンセリングしながら、指輪のサイズを測ったり。ホテルの人に怪しまれてじろじろ見られていました(笑)。

 この店を作ってから、ちゃんとお客様とやりとりできるようになり、雑誌やテレビで私の話も取り上げられ、それを見て、お客様が来て買ってくださる。うまく回るようになって、2012年、私の生まれ故郷でもある名古屋の栄に2号店を作りました。

LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page3_003_指輪

1 2 3 4 5 6

関連記事