Beauty総研

アカデミー

TOP > セミナー 講演録 >  > 白木 夏子氏 (HASUNA 代表取締役)

ブランディング

2013.09.24

白木 夏子氏 (HASUNA 代表取締役)

白木 夏子(しらき なつこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エシカル・ジュエリー(環境や社会に配慮した宝飾品)」。2009年、日本ではまだなじみの薄い言葉を旗印にアクセサリーブランド「HASUNA」を立ち上げた。「世界から貧困をなくしたい」思いを胸にひた走り、現在、伊勢丹新宿店内などに3店舗を構える。業界で前例のないチャレンジにいかにして取り組んだのかを、お話いただきました。

日時 2013年9月24日 【開始】19:00【終了】21:00
場所 グラントウキョウサウスタワー
動員数 35名
プログラム 第1部
  「”ものがたり”を商品化。
 新たな価値意識に訴えるブランドはどう創られたのか?
~エシカルジュエリーブランドHASUNAの挑戦~」

第2部
パネルディスカッション「志をカタチにするために」
白木氏 × ビューティ総研 金田裕子

PROFILE

白木 夏子(しらき なつこ)

1981年鹿児島県生まれ、愛知県育ち。2002年から英国ロンドン大学キングスカレッジにて、発展途上国の開発について学ぶ。卒業後は国連人口基金ベトナム・ハノイ事務所とアジア開発銀行研究所にてインターンシップを経験。投資ファンド事業会社を経て、2009年4月HASUNA Co.,Ltd.を設立、代表取締役に。エシカル=環境や社会に配慮したジュエリーブランドを中心とした事業を展開。2011年3月に南青山店をオープン、2012年7月に名古屋栄、2013 年3月伊勢丹新宿店内に進出。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。同年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ日本の若手リーダー30人、『AERA』の「日本を立て直す100人」に選出。

IMG_1137-624x936_r

|第6章|“すべての人が笑顔になる”のが、一流

そろそろ時間になりました。最後に、HASUNAの企業理念を紹介します。

  *        *         *

世界と、いっしょに輝く。

鏡に映る美しさだけでなく、考え方や、生き方の美しさを大切にする。
そんな皆様に似合うジュエリーをつくりたい。
私たちの「エシカル・ジュエリー」は、そんな想いから始まりました。

世界中の職人やアーティスト、宝石の生産者たちが
笑顔でいられる環境づくりや、自然に配慮した工程をとりいれること。
その全てを含めて、私たちはジュエリーデザインだと考えます。

ジュエリーを通して見つけた、この世界を彩るしあわせが、
あなたの人生に輝きを届けていく。

その透明で、美しい関係づくりこそ、HASUNAの使命なのです。

  *        *         *

 ジュエリーデザインって、この石とこの石の組み合わせが綺麗だな 、というのも重要なんですが、併せて裏側にあるものをどうデザインしていくかも重要。どういう人が採掘して研磨した石を使っていくか、どういうパッケージで届けるか。その一連をデザインしていくのが、真のジュエリーデザインだと思います。

 たとえば伊勢丹では、50ブランドある中で勝ち抜いていかないといけない。言ってしまえばジュエリーは、あふれかえるほどたくさんあって、一筋縄では売れていかない。物がなくて売れる時代は終わっている。ジュエリーの本質って何なんだろう?と考えたときに、裏側にある物語や人、もの、そこで起きていることまでも配慮して、素晴らしいデザインをして、品質も上げて、お客様に素晴らしいサービスを提供する・・・ここまで作り上げていくことが重要だな、と思っています。

 私がHASUNAを立ち上げた原点は、国際協力をしたい、世界の貧困問題を解決したい、というものでした。でも今一番大事なのは、一流のものづくりをすること。一流のジュエラーになる、と決意したんです。採掘する人、研磨する人、デザインする人、形にする職人さん、販売するスタッフたち・・・。ジュエリーづくりに関わるみんなが笑顔にならないと、一流のものづくりってできない。受け取った人って気付くし、人に伝わると思う。それが揃っていて、初めて一流だと思う。これが、私たちにとって重要な哲学だと思っています。

LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page6_003LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page6_004LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page6_002LOUNGE ZERO_vol.5_kouen_page6_001

1 2 3 4 5 6

関連記事