Beauty総研

アカデミー

TOP > セミナー 講演録 >  > 西 樹氏(シブヤ経済新聞 編集長/株式会社花形商品研究所 代表取締役)

マーケティング・戦略

2013.05.21

西 樹氏(シブヤ経済新聞 編集長/株式会社花形商品研究所 代表取締役)

西 樹(にし たてき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな文化やトレンドを生み、変化し続ける街、シブヤ。
2000年、情報サイト「シブヤ経済新聞」を開設。以降、シブヤの変化をウォッチし続けてきた西氏をお迎えし、シブヤの旬のキーワードを、お話しいただきました。

日時 2013年5月21日(火)【開始】13:30【終了】16:00
場所 渋谷ヒカリエ
動員数 80名
プログラム  「シブヤの街から考える旬のキーワード」
 『シブヤ経済新聞』編集長 西 樹氏

PROFILE

西 樹(にし たてき)

1960年兵庫県生まれ。青山学院大学経済学部在学中、インターカレッジのイベント・ネットワークの発起人のひとりになる。大学卒業後に大手PR代理店・株式会社オズマピーアールに入社。3年で退職し、1988年、株式会社花形商品研究所を設立。各種企業や新商品・サービスのコミュニケーション戦略の立案・代行を多数手掛ける。2000年4月、学生時代より継続的に関心があったという広域渋谷圏を舞台に、ビジネス&カルチャーニュースを配信する情報サイト「シブヤ経済新聞」を開設、同年7月にはデパ地下をテーマにした情報サイト「デパチカドットコム」を開設。「シブヤ経済新聞」は全国各地に広がりをみせ、「みんなの経済新聞ネットワーク」として、海外6エリアを含む全80エリアに拡大中。

LOUNGE ZERO_vol.4_eyecatch

|第5章|街に出て、セレンディピティにつながろう

LOUNGE ZERO_vol.4_report007

 セレンディピティという言葉があります。日本語だと偶察力だとか、偶有性と言われている。何かを探しているときに、それとは別の違う価値を見つけるひらめき力のことを言います。天才の人はこことつながってるらしい。今はネットで何でも手に入る。調べれば答えがすぐに出る。そんな中で、自分でおかしいな、不思議だな、というものを探す力が、今後ますます必要になってくるのではないかと私は思っています。
 渋谷という街が好きなのは、多様性があるところ。いろんな考えやファッション、音楽…地方に行くと巨大なショッピングセンターがあって、価値観も平準化しがちです。渋谷は大企業もあれば、がんばってる路面店もあれば、ぽっと出の会社もある。道もくねくねしている。こんなに多様性がある街は希有だと思います。

 中に閉じこもってると、価値観が固まってしまう。この辺はまわりに面白いものがあるから、街を歩いて、面白いな、おかしいなと思うものがあったら、まず入ってみる。新しいことに出会って、ひらめきを持って「こういうことってありかも」という気づきにつながれる。シブ経を読むというよりむしろ、街に出て、いろんなものに触れていただければと思います。

1 2 3 4 5

関連記事